ビットコインに代表される仮想通貨にとは

投資

今急速に話題になっている仮想通貨について徹底的に調べました。

仮想通貨とは

仮想通貨を簡単に言うと、世界共通で使える電子マネーのようなものです。ビットコインを始め、様々な仮想通貨が取引に使われています。

日本円や米ドルなど実際のお金との大きな違いは次の4点です。

  • 「モノ」が存在しない
  • 世界共通
  • 信用の違い
  • 発行量が決まっている

順番に見ていきましょう。

【「モノ」が存在しない】

仮想通貨は大まかに言うと、電子帳簿上の管理のみで、実際のコインなどが動くことはありません。

概念が動いているようなものです。

【世界共通】

これが仮想通貨の大きなメリットでもあるのですが、日本円などのように国境が存在しません。そのための、その通貨の単位でどこでも使うことができます。

そしてこれは次で述べる「信用の違い」にも大きくかかわってきます。

【信用の違い】

日本円や米ドルと違って、仮想通貨は国が保証しているわけではありません。例えば日本円の価値が一気に下がるなどは考えにくいと思います。

これは国が安定しているからであって、その国の通貨の信用は国によって違います。

一方、仮想通貨の価値は、それを求める利用者によって決まってきます。たくさんほしいと思う人がいればその分価値は上がるのです。

つまりこれは「通貨の価値が国に依存しない」ということを示しており、自国の通貨の信用が低いところでは、多くの仮想通貨が求めらえる傾向があります。

ビットコインは今は、投資におけるその将来性が話題になっていますが、そもそも爆発的な上がりのきっかけを作ったのは中国の投資家たちでした。中国の投資家たちが自国の通貨の価値が下がってもリスクヘッジできるように買い求めた結果が今です。

【発行量が決まっている】

日本円や米ドルなどの法定通貨は発行量が決まっていません。国が金融政策などで増やしたり減らしたりすることができ、それによって価値が変わってくることもあります。

一方仮想通貨のほとんどは発行量が決まっていて、ビットコインなんかは、2140年までに一定のペースで配分されていき、それ以上は発行されない予定です。

つまり、そこに参入する人が多ければおいほどその希少性は上がっていくということになります。

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨というと、多くの人がイメージするのはビットコインだと思います。しかし、仮想通貨がビットコインしかないかというと、そういうわけでもありません。

今現在600種類以上の仮想通貨があり、毎日30種類ほど新しい仮想通貨が生まれているといわれています。

しかし、仮想通貨の市場の半分はビットコインが占めており、それ以外のものを総じてアルトコインといわれています。つまり、ビットコインとそれ以外のコインってことです。

今のところ、ビットコインとアルトコインの市場の動きは連動しています。その大きな理由はアルトコインを入手するために、法定通貨をいったんはビットコインに変換しないといけないからです。

今後ビットコインの市場を奪うようなアルトコインが出てきたら、それに伴ってビットコインの価値が落ちるということもあるかもしれません。

ブロックチェーンとは

データを一か所ではなく利用者みんなのところで作ってそれをつなげて一つの情報にする技術です。

簡単に言うと「みんなで監視してるから比較的安全よ」ということらしいです!

仮想通貨の使い方

ビットコインを例に説明します。

ビットコインは現在投資対象としての見方が広まってきていますが、本来の役割は法定通貨と変わりありません。

モノを買ったり、サービスを受けた時の対価として、ビットコインで支払いができるということです。

ビットコインを使うには、ウォレットというものに入金しないといけません。

ここがややこしい気がしますが、FXで考えるとわかりやすいかと思います。FXで利益を得たとしても、そのまま使えませんね?いったんそこから自分の口座に落として、キャッシュやカードで一般紙幣として使うことができます。

ビットコインも同じように、「ウォレット」つまりは「お財布」に入金して初めて使えるようになるのです。

現在使えるお店は日本だと、メガネスーパーやアマゾン、DMMなどで使うことができます。お店に行って、ウォレットのアプリでQRコードを読み込むだけで使えます。

このようにウォレットと取引所は一緒になっていることが多いです

仮想通貨は今後どうなっていくのか

仮想通貨の市場はまだ始まったばかりで、これからどんどん伸びていくものだといわれています。その理由はほかの金融市場と比べてまだまだ小さいからです。

ニューヨーク証券取引市場が2300兆円、東京証券取引所でも600兆円に対し仮想通貨はまだ20兆円ほどです。

ここで注意してほしいのは、「仮想通貨の市場」はまだまだ伸びるだろうということで、特定のコインが爆上がりすると行っているわけではありません。将来的に生き残る仮想通貨の銘柄数は10分の1まで減るという見方をしている人もいます。

余談ですが、ビットコインは現在(2018年1月)200万円前後をうろうろしていますが、1BTC=1000万円まで上がるという見方をしている人もいます。

仮想通貨のリスク

仮想通貨のリスクとしては次の5点があげられます。

  • 価格の流動
  • 取引所・各銘柄・市場の閉鎖
  • ハッキングリスク
  • 技術の進歩によるリスク
  • 各国の規制によるリスク

【価格の流動】

まず挙げられるのが、価格の流動です。これからどんどん上がっていくと予測される仮想通貨の世界ですが、今後の流れは正確にはわかりません。人類史上初めてのことです。

なので、専門家の間でも意見は分かれているようです。

とはいっても、ある程度予測することはできますので、仮想通貨を始める方は日ごろからの情報収集や、基本的な投資の勉強が必要不可欠になるでしょう。

【取引所・各銘柄・市場の閉鎖】

昨年12月19日、各取引所がハッキング被害にあい、いくつかの取引所が破綻しました。これにより、資産を失った人や、市場の変動など、仮想通貨の投資をしている人たちにとっては激動の1日だったようです。

日本では、法律で取引所の営業を法律で定められていますので、ある程度安心はできますが、過信は禁物。リスクヘッジのために取引所・取り扱う銘柄はいくつか分散しておいたほうがいいでしょう。

ハッキングのみならず、新しい通貨が出たはいいが、その後全く動きを見せないでそのまま資産を持ち逃げされるなどの危険もあります。

【ハッキングリスク】

ハッキングリスクは取引所など目立ったところだけではありません。ネットを使って取引をする以上、各個人のスマホやパソコンもそのリスクにさらされています。

また、個人においてはハッキングよりはウイルス被害のほうが懸念されます。パスワード管理やセキュリティ対策はしっかりしておきましょう。

【技術の進歩によるリスク】

これは仮想通貨自体におけるリスクです。ブロックチェーンにより、ハッキングリスクはものすごく引くといっても、それは現在のぎじゅにおける中での話です。

今後量子コンピュータなど、技術の発展に伴い、ハッキングする側の武器もより高性能になっていくので、各取引所や世の中の流れがどういう風になっていくのか、見守っていく必要があります。

【各国の規制によるリスク】

いくら信用が国に依存しないといっても、全く国の影響を受けないわけではありません。わかりやすいたとえでいえば、税金がそれにあたるでしょう。

たとえば、仮想通貨の利益に対する税金が100%となるのなら、そこで稼ごうとしている人たちは撤退していきます。つまり、仮想通貨の価値が下がるのです。

また逆に、国の公式な取引に使われるとしたら一般の人からの信用も高くなるので、その通貨の価値は高くなるでしょう。

このように、国による仮想通貨への姿勢によっても価格は変動してきます。

仮想通貨の始め方

仮想通貨の取引を始めるには、取引所に登録する必要があります。

無料登録ですが、取引を始めるためには身分証のデータ送信が必要です。僕も今登録手続きをしている最中なので、終わったら使い方をまとめようと思います。

ちなみに1BTC=200万円ほどで、「手が出せないよ~!」とおもうかたもいらっしゃるかもしれません。ですが、取引は0.00単位でできますのでご安心を。

ICO(新規仮想通貨公開)とは

一般に出回っている仮想通貨はまだまだ上りを見せそうですが、どうせならもっと上がりそうな通貨を見つけたいことでしょう。

そこで重要になってくるのがICOです。

ICOとはまだ上場指定な企業が、一般の投資家から資金調達するための仕組みです。「こんな通貨を広めるから誰かかってー!」って感じです。クラウドファウンディングのようなものですね。

現在、1日30銘柄ほどが新しく生まれているといわれています。運よくあたりの銘柄を見つけることができれば、億り人の仲間入りできるかも。

ただ問題は、全く中身のない「どこに信用を置いているのか不透明なもの」に対しても価値が生まれることがあります。

この場合、現実で使うことができなかったり、モノによっては仮想ですら通貨が存在しない場合もあるので要注意です。

ホワイトペーパーについて

ホワイトペーパーとは、企業の企画書のようなものです。新しい仮想通貨を発行するときも、このホワイトペーパーをもとに投資家たちは投資していきます。

素人が読んでも難しいところがありますが、いくつか読んでみるとだんだんわかってくるでしょう。

その時に言っていることだけ立派で、実際の方法や技術が不明確な場合など、疑問を感じたものには手を出さないほうがいいです。

このように、新規仮想通貨を購入するときの目安になるので、できればホワイトペーパーには目を通してみてください。

以上仮想通貨についてでした。いかがだったでしょうか?概要はある程度わかったかと思いますが、結構省いているところもあります。

専門用語など結構使いましたので、それをもとに調べてみてください。

やっぱり自分で調べて、言葉にすることが一番理解につながりますゆえ。ではでは(‘ω’)ノ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コメント

タイトルとURLをコピーしました