コインチェック深夜の記者会見まとめ

雑談

コインチェックのハッキング事件にたいしての記者会見が行われました。要所をまとめます。

重要な点

【保障については、現在検討中】

たぶん失ったものを補填する資金力はないので、ネム財団と、ハードフォーク(簡単に言えば今までのコインに対してのルールを変えることにより、損失を実質的に無効化すること)への交渉ですかね・・・

ただ、記者会見より前に、ネムのほうから発言があり、その中では「ネム側に落ち度があるわけではないので、ハードフォークはしない」といっています。

他の手も考える必要がありそうですね。

【現段階で事業は継続していくつもり】

破産宣告で逃げるつもりはないということですね。

【今回の騒動の原因】

★ウォレット

ウォレットには、ホットウォレット(オンライン管理)とコールドウォレット(オフライン管理)の2種類があり、ネムに関してはウォレットがホットウォレットでの管理だったことです。

両方とも一長一短なのですが、今回は悪いほうの影響がもろに出ました。

★マルチシグコントラクト

簡単に言うと二重パスワードみたいなもので、何重にも鍵をかけていくシステムです。

コインチェックのネムのコインに関しては、これがされてなかったので、比較的簡単に破られてしまったといえます。ほかのコインには。マルチシグコントラクトがかかっているものもあるそうです。

このシステムに関してはまた後日改めてまとめます。

【これからの動きについて】

優先度的に

  • 顧客の資産保護
  • 原因の調査
  • 今後の対応方針の決定

の順で対応をしていくとのこと。

文句言っても何が解決するわけでもないので、コインチェックには頑張ってほしいですね。コールセンターの人数を増やすとは言っていましたが、皆さんも無駄に電話するのはやめておいたほうが自分のためです。

ぶっちゃけ僕は最後の郵便受け取りの段階で入金すらしていないので、今はまだただの傍観者ですが。

本当に事業を続けていくことができるのなら、株が買い時かもしれません・・・

ではm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました